小山 翔一 (Shoichi Koyama), Ph.D.

東京大学 大学院情報理工学系研究科
システム情報学専攻 (第一研究室 ) 講師
〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1 工学部6号館242号室
koyama.shoichiieee.org

研究内容

音響信号処理, マイク・スピーカアレイ処理, 音メディアのための機械学習,空間音響

略歴

2003.03 富山県立高岡高等学校 卒業
2007.03 東京大学 工学部 計数工学科 卒業
2006.04 – 2009.03 コンテンツ創造科学産学連携教育プログラム 参加
2009.03 東京大学 大学院情報理工学系研究科 システム情報学専攻 修士課程 修了
2009.04 – 2014.03 日本電信電話株式会社 NTTメディアインテリジェンス研究所 研究員
2014.01 東京大学 博士(情報理工学) 取得
2014.04 – 2018.03 東京大学 大学院情報理工学系研究科 システム情報学専攻 助教
2016.04 – 2018.03 Université Paris Diderot (Paris 7) / Institut Langevin 客員研究員 (JSPS 海外特別研究員)
2018.04 – 東京大学 大学院情報理工学系研究科 システム情報学専攻 講師
2018.10 – 2022.03 国立研究開発法人科学技術振興機構 さきがけ研究者(兼任)
2018.12 平成30年度 東京大学卓越研究員
2020.04 – 東北大学 電気通信研究所 客員准教授
2022.04 – 国立研究開発法人科学技術振興機構 創発研究者

Member of IEEE, Acoustical Society of America (ASA), Audio Engineering Society (AES), IEICE, Acoustical Society of Japan (ASJ)

受賞

  • 日本音響学会, 学会活動貢献賞, 2022.
  • 電子情報通信学会, 基礎・境界ソサイエティ 貢献賞 (研究専門委員会運営), 2021.
  • 船井情報科学振興財団, 研究奨励賞, 2018.
  • 電気通信普及財団, テレコムシステム技術賞 入賞, 2015.
  • 日本音響学会, 独創研究奨励賞 板倉記念, 2015.
  • 日本音響学会, 粟屋潔 学術奨励賞, 2011.
  • 電気学会, センサ・マイクロマシン部門 奨励論文賞, 2010.
  • 計測自動制御学会, 計測部門 研究技術奨励賞, 2009.

外部資金

研究代表者

  • 2022-2025年度 日本学術振興会 科学研究費補助金, 基盤研究(B)
    “高解像度音空間解析のためのデータ駆動型計測技術とその応用”
  • 2022-2024年度 国立研究開発法人科学技術振興機構 創発的研究支援事業
    “音の空間的制御とその応用展開”
  • 2018-2020年度 平成30年度 東京大学卓越研究員
    “音場の計測と合成における信号処理の研究”
  • 2018-2021年度 国立研究開発法人科学技術振興機構 さきがけ(人とインタラクションの未来)
    “分散配置アレイによる音空間の記録・再生技術基盤の構築”
  • 2016-2017年度 日本学術振興会 海外特別研究員
  • 2015-2018年度 日本学術振興会 科学研究費補助金, 若手研究(A)
    “高精細音響システムのための超解像型音場収音・再現の研究”
  • 2015年度 公益信託 小野音響学研究助成基金
  • 2014年度 日本学術振興会 科学研究費補助金, 研究活動スタート支援
    “音場のスパース表現による超解像型音場収音・再現の研究”
  • 2014年度 公益財団法人 電気通信普及財団 海外渡航旅費援助
    “International Workshop on Acoustic Signal Enhancement (IWAENC) 2014”

研究分担者

  • 2019-2022年度 日本学術振興会 科学研究費補助金, 基盤研究(A) (代表者: 猿渡 洋)
    “スモールデータ機械学習理論に基づく音響拡張現実感及び音コミュニケーション能力拡張”
  • 2016-2019年度 日本学術振興会 科学研究費補助金, 基盤研究(A) (代表者: 小野 順貴)
    “非同期分散チャンネルへ展開するアレイ信号処理理論の深化と実世界応用”
  • 2011-2014年度 (※2014年度のみ分担) 日本学術振興会 科学研究費補助金, 基盤研究(A) (代表者: 猿渡 洋)
    “高次統計量追跡による自律カスタムメイド音コミュニケーション拡張システムの研究”